• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 医療法人社団伸緑会 森の宮皮フ科クリニック 院長 大垣 淳

インタビュー

医療・福祉

医療法人社団伸緑会  森の宮皮フ科クリニック

中学時代、地域に根差した歯科医師との出会いを機に医療職を志す。北海道大学医学部卒業後、日本赤十字社医療センターに内科医として勤務。その後は皮膚科に転向し、東京大学医学部附属病院、がん・感染症センター都立駒込病院、埼玉県立小児医療センターなどで経験を積む。2018年5月、「緑の森皮フ科クリニック」を開院。2019年4月からは(医)伸緑会 森の宮皮フ科クリニックに院名を変更した。

医療法人社団伸緑会
森の宮皮フ科クリニック
住所 〒177-0041
東京都練馬区石神井町3-21-9
第3島光ビル5F
URL https://morinomiya-cl.jp/

時東 まずは、大垣院長のこれまでの歩みについてお聞かせください。

大垣 中学生の頃、親しく接してくれる歯科医院の院長に出会ったことが、医療の道に進んだきっかけです。その院長は子どもの私を院長室に連れて行ってくれるような方で、次第に「こんなふうに患者さんと温かく触れ合う医師になりたい」と思うようになりました。そして大学は医学部に進み、卒業後は内科医として研修を始めたんです。ただ、一方で皮膚科の勉強にも魅力を感じていて。地域に根差した院をより早く実現できるのは皮膚科だと思い、転科しました。

時東 全く違う分野への転向ですし、かなり苦労されたのではないですか?

大垣 勉強はもちろん大変でしたが、一方で皮膚科疾患は内臓起因のものも多いです。そのため、開業した今も内科の知識が存分に生きていると自負しています。例えば、当院では主に湿疹・アトピー・じんましん・水虫などの保険診療を手掛けますが、塗り薬だけで症状が改善しない場合には飲み薬を処方するなど、柔軟な対応ができるのです。その際も単に処方するだけでなく、治療後の細かなケアに関するアドバイスも心掛けています。

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則