インタビュー

医療・福祉

石井堂 街の接骨院

学生時代からスポーツに熱中し、体に携わる仕事を志す。専門学校卒業後は臨床研修を経て、2013年1月に「石井堂 街の接骨院」を開業。脳にアプローチする特異な施術で、アスリートを含め多くの患者を治療する。2017年、東京・六本木に分院「六本木石井堂整骨院」をオープン。

石井堂 街の接骨院
住所 〒168-0063
東京都杉並区和泉2-32-15-103
URL http://ishiidotown.com/

石黒 まずは、石井院長のこれまでの歩みからお聞かせください。

石井 私はもともとスポーツをしていて高校時代から治療の道に興味を抱いていました。そして、専門学校卒業後に接骨院で研修を経て、当院の開業に至ったのです。ただ、開業1年目は一般的な手技や電気治療を行っていたものの、次第に「同じ症状でも、改善する患者様と改善しない患者様がいるのはなぜだろう」という疑問が湧きまして。学びを深めるうちに、現在の治療法に行き着きました。

石黒 その治療法と言いますと?

石井 当院では、症状の根本的原因を探ることを重視しています。その際に着目するのが「脳」です。例えば肩こりという症状は、筋肉が緊張して硬くなっている状態を指します。では、なぜ筋肉が硬くなっているのかというと、それは脳が自律神経を介して筋肉に「緊張」を命令しているから。その命令は、脳が記憶している誤作動のパターンであると言えるでしょう。多くの治療院は、肩こりという「結果」に対して「筋肉が硬いからほぐす」といった治療を行います。しかし、本来は先に述べた「原因」に対してアプローチしなければ、その場では楽になっても痛みが再発してしまうのです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒