インタビュー

サービス

石黒 インテリアコーディネーターと聞くと、大手建築メーカーや建築事務所に在籍しているイメージがありました。

森垣 確かにそういった方は多いです。そこで、私の場合はインテリアショップ出身というキャリアを生かして、およそ150社の家具メーカーと取引し、同業者との差別化を図っています。そのネットワークを活用することで、ソファやベッドなどの大型家具から、ちょっとした小物に至るまでをトータルで揃えることが可能になるので、お客様のイメージをより細部まで具現化できるのです。

石黒 それはとても心強いです。きっと自分の理想の物と出会えますね!

森垣 ただ、家具は一生に何度も購入するものではないため、部屋に置かれるイメージがしづらいもの。実際に、「想像していたものと違った」なんて経験もあるかと思います。インテリアコーディネーターは、そうした違和感が生じないようお手伝いをさせて頂くアドバイザーです。流行り廃りのある業界ですが、私が手掛けた作品が増えていき、お客様に喜んで頂けることはとても嬉しいですし、自分の成長にもつながりますね。

石黒 夢が膨らむお仕事ですね。今後についてはいかがですか?

森垣 Webサービスを駆使して、インテリアコーディネーターの方々に常に仕事の依頼がある仕組みをつくりたいと考えています。一般的にインテリアコーディネーターと聞くと、依頼するには敷居の高さを感じてしまう方も多いと思います。しかし、今はDIYが流行っていて、気軽に誰でも空間をつくることができますので、ぜひ多くの方に挑戦してほしいと思います。その過程で分からないことがあれば、何でも聞いてほしいですね。

GUEST COMMENT

石黒 彩

私もインテリアには興味があって、よく雑誌を眺めたり、ネットで検索していますが、結局決断できなかったり、妥協してしまったり・・・。森垣代表が手掛けられてきた作品は、素敵なものばかりで、代表のような方に提案して頂けると心強いと感じました!これからも素晴らしい空間づくりを続けてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ