インタビュー

建築

未来のライフスタイルまで考える

時東 では、お家が出来上がるまでの流れを教えてください。

𠮷原 最初に、当社からライフプランナーさんに依頼して、支出と収入のバランスを見て資金計画を立ててもらいます。節税や助成金についてもお伝えしているんです。それからお客様と入念に相談して設計し、施工に移ります。思いを共有する職人さんに依頼していますから、施工中に「こうしたらもっと良くなる」と提案を受け、現場で相談することも。完成してからのお付き合いを重視していますから、2ヶ月後の点検では、実際に住んでみた感想や当社の対応について伺うのです。

時東 本当に、スタート段階からアフターフォローまで密着されていますね。お客様との打ち合わせの際、どんなことに気を付けていらっしゃいますか?

𠮷原 誰一人として同じお客様はいらっしゃいませんから、まずは同じ目線に立ってライフスタイルを把握し、その上でご提案することですね。初回の打ち合わせでは、差し支えなければ現在のお住まいに伺うようにしています。すると、現在のお住まいでの不便な点も分かるので、「間取りはこうしたら使い勝手が良くなるのでは?」「ここにクローゼットがあれば便利では?」と具体的なご提案ができるようになるんです。他にも、花粉症の方であれば換気システムを整えたり、ペットを飼いたい場合は床材にも配慮したり・・・。お客様の状況をしっかり伺い、ご提案致します。

時東 プロの視点でそこまで細やかに提案してくださるなんて、お客様にとってこれほど心強い存在はないと思います。

𠮷原 それから、完成したものとのギャップをなるべく埋めるため、VRを使って壁や床の色などを確認してもらっていますよ。また、住宅の最新機能を知ると導入したくなる気持ちは分かりますが、実はほとんど使わない場合もあります。ですから「絶対に欲しい物」と「あったら良いもの」を分けて考えて頂くようお伝えしているんです。
 そして、住宅は長く使うものですから、現在だけでなく、5年、10年、30年後にどんな生活をしているかを想像して頂きます。例えば子ども部屋を使う時間が短いのであれば、必要な時だけ仕切れる仕組みにするなど工夫し、ずっと快適に暮らせるような住宅が理想です。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ