インタビュー

医療・福祉

スタッフが頑張れる環境づくりを

杉田 一人ひとりに寄り添った対応をしてくださるのですね。では、今後はどのような院にしたいとお考えですか?

伊藤 経営者としてのプレッシャーはありますが、まずは院の運営を安定させることが第一です。むやみに規模を拡大させるのではなく、手の届く範囲で責任を持って患者様の治療をしていこうと思います。そうして余裕が生まれたら、新しい機材を増やすなどして医療体制をさらに充実させていきたいです。

杉田 スタッフの方々をまとめる立場としてはいかがでしょう。

伊藤 私の最終的な目標は、「この院の一番良いところは何ですか?」と尋ねられたときに、自信を持って「スタッフです」と答えられること。そのためにも、設備や制度を整えて、スタッフが働きやすい環境づくりを進めていきます。

杉田 最後に、これからお越しになる患者様へのメッセージを頂けますか?

伊藤 患者様により良い治療をしていくために、常に勉強を続けて成長をしてまいります。長い目で見て患者様のためになることを考えていますので、単調に削って詰めるような治療は致しません。全力で治療にあたりますから、ぜひ私たちを信じてお越し頂ければ幸いです。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

研修医時代からさまざまな症例で技術を磨きつつ、一人ひとりの患者様に向き合う大切さを学ばれた伊藤院長。おいしく食事ができる豊かな人生を送るために歯は欠かせませんから、治療をお任せするなら真摯に向き合ってくださる院長のような方が理想ですね。ご先祖様から受け継いだ歯科医としての魂を胸に、これから大きく飛躍されてください!

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則