インタビュー

教育・スクール

ありう塾 Lepton 水元教室

高校時代の恩師に憧れ、塾講師のアルバイトをしながら大学在学中に教員免許を取得。卒業後は、学習塾での指導を行う。その経験をもって、2016年に独立。子ども英語教室「Lepton」にFC加盟し、「ありう塾 Lepton 水元教室」を立ち上げる。

ありう塾
Lepton 水元教室
住所 〒125-0033
東京都葛飾区東水元1-8-4
フォレスタM’s 101
URL https://www.lepton.co.jp/class/353001/

大路 こちらは学習塾だと伺っていますが、蟻生代表はもともと教育業界に興味をお持ちだったのでしょうか?

蟻生 高校の時に出会った国語の先生がとても型破りな方で─教科書ではなく小説など独自の題材を使い、物事を多角的な視点から見ることを教えてくださる素晴らしい先生だったんです。その恩師に憧れて教育業界に入りました。

大路 恩師との出会いがきっかけとなったのですね。

蟻生 講師を務めていた学習塾では、根本の原理から理解させる指導をしていたのですが、生徒の成績は伸び悩んでいました。そこで、授業の板書や話し方までのシミュレーションを何度も重ねたところ、徐々に成果に結び付き、指導スタイルの基盤を築くことができたのです。それを追求しようと、独立に至りました。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒