インタビュー

製造・技術

矢部 お仕事をされる上で、心掛けていらっしゃることを教えてください。

荒木 今はネットで買い物ができる時代ですから、従来の店舗装飾のあり方を業界全体で見直す必要があるかもしれません。当社としても、装飾のスペシャリストとして、お店をより輝かせる方法を模索しています。「ここに任せたら間違いない」と思って頂ける質の高い仕事を行うことを、常に意識しているんです。

矢部 一般の人は普段なかなか装飾を意識することは少ないですが、実は大切な役割を果たされているのですね。やりがいも大きいのでは?

荒木 ええ。お客様に頂いた図面やパースを基に、素材を決めるところから始めることもありますし、毎回違うものをつくるので、大変なことも多いです。ただ、現場で仕上げて納品をした時に喜んで頂けたり、施工したお店が話題になったりして、売上に少しでも貢献できた時には、私たちも嬉しく思います。裏方ではありますが、やりがいのあるこの仕事の魅力を若い世代にも伝えて、ものづくりの好きな人材と一緒に働けたら良いですね。

矢部 若い方が加われば、会社も活性化していくでしょうしね。

荒木 そうですね。当社には父の代から働いてくれている経験豊富なスタッフも多いので、仕事を覚える環境は整っていると思います。年齢や立場にかかわらず、対等に仕事ができるフラットな雰囲気は、これからも保っていきたいです。スタッフはもちろん、たくさんの常連のお客様にも恵まれていることに感謝しながら、今後もお客様の期待に応え続けます。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

これまで何気なく見ていたディスプレイも、荒木社長のような熱い思いを持った職人さんの思いが込められている──そう思うと、次から見る目が変わりますね。魅力あるお仕事を次の世代に引き継ぐためにも、若い力を取り入れながらお店を彩り続けてください。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則