インタビュー

建築

株式会社 石照園

造園職人として、一般家庭の剪定などを約15年ほど手掛ける。樹木医の資格を取得したことを機に、2013年4月に(株)石照園として独立。現在は剪定・冬囲いといった庭の管理に加え、樹木医として樹木調査や樹勢回復の事業も手掛けるなど、幅を広げている。

株式会社 石照園
住所 〒001-0915
北海道札幌市北区新琴似町248-66
URL http://sekisyouen.com/

畑山 こちらは2018年に5年目を迎えられた造園業者と伺っています。髙橋社長はこの業界に入られて長いのですか?

髙橋 はい。15年ほど造園業者に勤め、職人として剪定などを手掛けていました。「いつかは独立したい」という思いを持ち続けていたため2013年に独立したのですが、当初は苦労も多く一時は仕事のない時期も・・・。それでもここまで続けてくることができたのは、周囲の方々のお力添えがあったからこそ。ご紹介によって少しずつお客様が増えてきたので、本当に感謝しています。

畑山 念願をかなえられて今に至るのですね。では、現在の仕事内容についても教えてください。

髙橋 主業務としているのは、剪定、冬囲い、囲いの外しといった、年間を通してのお庭の管理です。石組みや木の移植など、和風洋風問わず庭づくりも手掛けています。また、私は札幌市内に20名ほどしかいない「樹木医」の資格を持っていまして。その強みを生かした事業が、当社の特長の1つです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒