インタビュー

サービス

フジタ運送

20代半ばから運送会社に入り16年間勤務。その後、知人の宅配業や引っ越し、不用品回収などを手伝って経験を積み、2010年に「フジタ運送」を創業した。現在は、単身者の引っ越しを中心にサポートする「便利屋運送ライフエイド」を運営している。

フジタ運送
住所 [事務所]
〒065-0033 北海道札幌市東区北33条東8-2-1 502
[倉庫]
〒002-8052 北海道札幌市北区篠路町上篠路58
URL https://www.helplifeaid.jp/

畑山 まずは、藤田代表が独立されるまでの歩みをお聞かせください。

藤田 私は20代半ばで運送会社に就職し、16年にわたって勤務していました。もともと独立願望はなかったのですが、転職を考えて会社を退職した時に、個人で宅配業をされている方と知り合い、仕事を手伝うことになったのです。そのつながりで、新たに引っ越しや不用品回収のサポートにも携わるようになり、自分で事業を立ち上げました。

畑山 現在はどういった事業がメインになるのですか?

藤田 主に高齢者の方や学生の方など単身者向けの引っ越しと、その際に生じた不用品の処理や撤去を行っています。洗濯機やタンス、ベッドなどの移動を1点からお引き受けできることが特長です。また、引っ越し料金は時間制ですから、あらかじめお見積もりした金額より多く頂くことはなく、単身者の方であれば大手の業者よりずっとリーズナブルな価格になるんですよ。その他、ご要望がございましたらお部屋の模様替えや草刈り、日曜大工のような作業も手掛けていますので、“便利屋運送”と謳っているんです。

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則