インタビュー

不動産

共同経営者だからこその即断力

畑山 不動産業にはさまざまな業務内容があると思いますが、御社が特に力を入れられている事業は何でしょう。

浜谷 前職時代の10年間に私たちが携わり続けてきた、不動産売買仲介がメインの事業です。不動産を売却したいというお客様には、税金などの諸問題を踏まえた上で買取をします。場合によっては買い取った物件をリフォームして付加価値を与え、販売をすることも。また、不動産の購入を希望されるお客様には、住居用か収益用かといったニーズを伺い、適切な商品をご提案しております。

安達 仲介業者の方がお客様となる場合もありますし、「個人のお客様のこの不動産を買い取ってほしい」という情報を頂くこともあります。特に、個人のお客様からのご依頼はほとんどがそういった業者の方からの紹介によるもの。人の縁が重要な仕事ですし、そこを意識して前職時代から人脈を培ってきました。

畑山 人脈が御社の強みであると。

浜谷 そうですね。それに加えて、私と安達の2人共が代表取締役として決定権を持っていることも強みです。大手企業には情報が多く入るという特長がありますが、上司の承認などで手続きに時間を要することもあります。当社の場合は大手から情報を頂きながら、それぞれが担当する案件に対して即時判断ができるため、スピード感のある対応が可能になるんです。

畑山 確かにそれは、信頼し合った共同経営者だからこそできることですね。お客様と接する上では、どんなことに心掛けていらっしゃいますか?

浜谷 とにかく誠実であることです。物件をお客様にご紹介する際には、メリットだけでなくデメリットもお伝えするようにしています。お客様が気にされている物件が、本当はマッチングするものではないと考えた場合は、「購入されないほうがよろしいのでは」と申し上げることもあるんです。

安達 このように誠実な対応を続けて、お客様との信頼関係を築くことができれば、次のご依頼へと結び付く場合もあるでしょう。当社の存在を多くの方に知って頂くためにも、これからもつながりを大切に事業を続けるつもりです。

1 2 3


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則