インタビュー

スペシャリスト

芹那 将来を見据えての独立だったのですね。では、現在のお仕事の内容について詳しくお聞かせ頂けますか?

牧野 イベントや講演会、組織づくりのコンサルティングなどを通じて、独立を志す方への起業支援を行うのがメインの事業です。その他には、レンタルスペースやシェアハウスなどを運営し、私自身がより深い経営ノウハウを吸収するように努めています。そういった活動の中で、「人の魅力」という点にフォーカスを当て、自然と人が集まってくる魅力ある人物になるためのマインドセットについて発信しているんです。

芹那 私も「SDN48」の活動で、人間力の大切さを学びました。では、どういった方が講演会に来られるのでしょう。

牧野 起業する決意までは固まっていないけれど興味がある、という方が多いですね。私はそこでどうモチベーションに火を付け、後押しできるかを考えています。その際に心掛けているのは、講演会を通じてお会いした方にとっての良き相談相手となること。例えば、困った時に本を読んで解決策を探しても、答えがすぐに見つかるとは限りません。それであれば、気軽に質問できてすぐに答えを返せる存在となり、的確なサポートをしてさしあげたいのです。

芹那 社長は、起業したい方にとって頼れる存在なのですね。今後はどんなことに取り組んでいかれるのですか?

牧野 まずは、講演会などを通して20、30代の若い層にとって起業を身近なものにし、そのビジョンをかなえやすいフィールドを整えたいと考えています。最近は、働き方改革が進んでいるので、就業時間外の活動についての提案も行っていきたいですね。そして、起業家が集まる一大コミュニティーをつくることが最大の目標です。現在は50名以上の方に参加して頂いていますが、いずれは何千人という規模にまで成長させ、当社が経営者の方をつなげるハブの役割を担っていければと考えています。

GUEST COMMENT

芹那

「起業したいけれどもビジョンが見えない」という方にとって、実務を通じてノウハウを積み重ねられている牧野社長は、素晴らしいお手本となると思います。頼れる存在が身近にいると人は頑張れるもの。そのきっかけを、これからも多くの方に与えていかれてくださいね!

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則