インタビュー

建築

仕事を楽しみながら成長を

矢部 人を大切にされている代表の姿勢からは、温かさが伝わってきます。経営者として、そして職人としてお仕事をされる中で、どんなところにやりがいを感じていらっしゃるのでしょう。

野村 設立当初は手書きで請求書を出していましたが、今ではホームページを立ち上げるまでになりました。組織としての成長を日々実感でき、それがやりがいになっていますね。
また、1ヶ所を集中的に工事する職種とは違って、シーリング工事は“線”の仕事で、建物全体に施工するため運動量が多いです。体力を必要とする仕事ではありますが、体を動かすのが好きなので楽しみながら現場作業に臨んでいます。そして同じ現場はなく、毎回違った現場で仕事をしますから、新鮮な気持ちで働けるというのもこの仕事の魅力です。

矢部 それでは、今後のビジョンについてはいかがでしょう。

野村 近い将来、法人化を果たしたいと考えています。そしてこの目標を達成した際には、若いスタッフをもっと増やして育てていき、今より私が経営に専念できる体制を整えられたらいいですね。私が現場に出なくても仕事が回るほど成長してもらえたら嬉しく思います。

矢部 特に、どんな人と一緒に働きたいとお考えですか?

野村 基本的なマナーが守れていれば十分で、あとは楽しく仕事をしたいというのが私の思いです。スタッフみんなで笑い合いながら、苦楽を共にできる組織をつくれるよう、この先も一歩ずつ歩みを進めてまいります。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

柔らかな語り口で、良い意味で職人らしくない雰囲気をお持ちの野村代表。従業員の方から「優しすぎるので、もっと使ってください」と言われることもあるほどだそうです。そんなお人柄があってこそ、協力してくれる人の輪が広がってきたのだと感じました。これからも安全第一の仕事をしながら、さらに仲間を増やしていってくださいね。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則