インタビュー

建築

矢部 満を持して独立されたと。実際に経営者という立場になられて、手応えはいかがでしたか?

野村 私はもともと、人付き合いが得意ではない性格で、周囲とそれほど深く関わらず自分1人でやっていこうと考えていました。しかし、商工会の青年部の集まりで、ある内装工事業の方から「周囲にどう思われたって良いじゃないか」と言われ、その通りだと思って。そこで心を入れ替えたのもあって、いつの間にか自分でも不思議なほど人付き合いが好きになっていたんです。そうして商工会や建設組合の役員を務め始めたところ、そこでつながった人脈によって仕事を頂けるようになりました。順調に成長することができたのは、人との出会いに尽きると思います。

水の侵入から建物を守る

矢部 シーリング工事というのは、あまり馴染みがない人も多いかと思います。具体的には、どのような施工をされているのでしょう。

野村 簡単に言うと、私たちの仕事は建物の隙間を埋めることです。外壁や床に使われるタイルや、サッシの金属部分と壁のつなぎ目などから水が浸入することのないよう、その隙間をシーリング材を使って埋めていきます。建物自体の耐水性や耐久性を高めるために、実は重要な役割を果たしているんです。当社では戸建て住宅をはじめマンションやビルなどを対象に、新築や修繕の工事を手掛けています。私は今でも現場に出て、当社のスタッフと外注で依頼している職人さんと共に、シーリング工事専門の集団として施工にあたっているんです。

矢部 仲間と協力して施工されていると。その際に気を付けていらっしゃることは何ですか?

野村 仕事に関わる皆様への感謝の気持ちを持って仕事に臨むということですね。スタッフに対しても外注の職人さんに対しても、上から目線で指示をするのではなく、「みんな一生懸命に働いてくれている」という平等の意識を持って接しています。また、マンションの大規模修繕などでは、お住まいの方がいらっしゃる中での作業になりますから、あいさつをしっかりする、エレベーターは住民の方を優先するといったマナーは徹底しています。人とのつながりや信頼関係は、そうした心遣いによって生まれるものですし、これが自ずと当社の特長になっているのではないかと思います。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則