インタビュー

建築

建設業を憧れの職業に

水野 これからも挑戦を続けられることと思いますが、具体的に構想していらっしゃることはありますか?

鈴木 数年のうちに、工場であらかじめ加工された「プレカット材」を導入し、コストを抑えつつさらに職場の安全性を高めたいと考えています。そして事業内容についても、現在の外壁工事だけに限らず、他の建築分野へと幅を広げていくつもりです。

水野 社長の理念が浸透していけば、建設業界に対するイメージも変わるはずですから、頑張ってください!

鈴木 ありがとうございます。技術を伝えるという軸を貫きつつ、時代のニーズに合わせて変化できる柔軟性を持って歩んでいきたいです。会社としてしっかり根を張っていれば、きっとそこから枝葉が伸びていくはず。まずはこの会社を2代、3代と残すための基盤を整え、周囲の協力業者とも助け合いながら、着実に成長を続けてまいります。そうして、この仕事が子どもたちにとって憧れの仕事になるような未来が築ければ幸いです。

GUEST COMMENT

水野 裕子

建設業界全体、そしてその将来を見渡す広い視野をお持ちの鈴木社長。ご苦労も多く経験されたことと思いますが、それを吹き飛ばすほど充実した表情でお話しされている様子が印象的でした。「衣食住」の中でも大切な役割を果たす建設業界の未来のためにも、学歴や男女を問わず誰もが誇りを持って働ける環境づくりを目指して頑張ってくださいね。

1 2 3


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則