インタビュー

建築

川﨑 お仕事の中で、どういったことを心掛けているのでしょう。

相馬 お客様のこだわりや、店舗の立地・地域性を踏まえた理想の店舗づくりを提供していく中で、私が特に重視しているのは、まずコンセプトを明確化し、コンクリートや鉄、木といった素材の強みをシンプルに生かした空間をつくること。そして、飲食店経営の経験からのアドバイスもできますし、お話をじっくり聞くのは得意なので、お客様の理想の店舗像を聞き出して形にするようにしているんです。その中で、完成後に店舗を訪れる利用客の方のことも考慮しなければなりませんから、より良い設計にするために、時には厳しい意見をお伝えすることもあります。店舗を出店するというのは一世一代の挑戦ですし、私も覚悟を持って関わらせて頂いているんです。

川﨑 飲食で学んだことが社長の根幹として生きているのですね。プロ意識の高い姿勢も心強いです。

相馬 ありがとうございます。社名にも「デザイン」とありますが、内装の意匠などはもちろんのこと、お客様が抱えているさまざまな問題を解決し、理想の人生設計をお手伝いさせて頂くところまで含めて「デザイン」だと考えています。ですから、実際に店舗がオープンした後に「おかげさまで順調に運営できています」とお声掛け頂けるのが、何より大きなやりがいになっているんです。私自身これまで人間関係に恵まれて感謝していますし、今後も信頼関係のある人脈を築いていきたいですね。

川﨑 最後に、今後のビジョンについてもお聞かせ頂けますか?

相馬 現在は、店舗設計の他にも、環境エネルギー事業や清掃事業などを手掛けているんです。今後は、会社を分散化させていき、優秀な後進に事業を任せるつもりです。人材不足が叫ばれている美容業や農業向けの人材派遣事業なども視野に入れて、グループとして成長し、邁進してまいります!

GUEST COMMENT

川﨑 麻世

「お客様へのヒアリングを大切にする店舗設計は、究極のサービス業だと思うんです」とおっしゃていた相馬社長。中でも、若い頃から長年かけて学んだことを今に生かされているというお話は、私の役者人生に通ずるものを感じました。新しい挑戦を続ける社長の夢溢れる歩みを、私も陰ながら応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則