インタビュー

美容・健康

整体院 穂(ほっ)

学生時代は工学やコンピューターについて学ぶも、治療家の道に興味を持ったことから、専門学校へ進学。2003年に理学療法士の資格を取得し、病院でリハビリ支援に携わる。その後、自らが考える治療の形を実現するため独立を志し、2018年1月に「整体院 穂(ほっ)」を開院した。

整体院 穂(ほっ)
住所 〒814-0174
福岡県福岡市早良区田隈 3-65-16
URL http://www.seitai-ho.jp/

鶴久 まず、山﨑院長が整体院を開業されたきっかけから教えてください。

山﨑 もともと私は、理学療法士として病院に勤め、リハビリ支援などを行っていました。やがて経験を積むうちに、病院組織や保険制度の枠にとらわれない自由な治療を行いたいという思いが募り、独立して当院を立ち上げました。

鶴久 こちらでの具体的な施術の方法についてはいかがですか?

山﨑 “根本治療”を掲げる当院は、腰痛などの慢性痛や、しびれなどの症状に対して、基本施術となるDRTと呼ばれるソフトな整体手技で背骨の調整を行います。体の歪みを改善することは、自然治癒力の向上にもつながるので、結果的に症状が再発しない体となるのです。また、ほんの些細な体の痛みや、生活習慣が症状を引き起こしている場合もあるため、問診では丁寧にお話を伺い、原因を究明していきます。そうして患者様の現状を細かく把握することで、適切な施術やメンテナンスのアドバイスもできるので、早期改善に通じるのです。また当院では、全ての施術を責任を持って私が行っています。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒