インタビュー

建築

白山 警察官を辞職した後は、自ら防犯コンサルティング事業を立ち上げたり、不動産会社で集合住宅販売の営業をしたりと、さまざまな仕事を経験しました。中でも、もともとコミュニケーション能力は高いほうなので、不動産営業では良い成績を残した時期もありまして。その営業スキルを生かそうと考え、最後に転職した先が、外壁塗装会社の営業職だったのです。その会社で働くうちに、「自分ならここはこうしたい」「こんなふうに改善したらもっとうまくやれるはず」と、試したいアイデアが次々と出てきまして、思い切って独立開業することにしました。

鶴久 一つひとつの決断にスピード感があるのが素晴らしいですね。エネルギーと自信を持っていらっしゃる証拠だと思います。

白山 ありがとうございます。良く言えば前向きですが、悪く言えばあまり後先考えない性格なんです(笑)。しかし、とにかく行動に移せば道は開けるはずだと思っていますし、実際にこれまでの人生もそうして歩んできました。外壁塗装の事業も、始めた当初は集客に苦労しましたが、目の前のお客様を大切にしているうちに自然と新規やリピートの仕事が増えてきて、手応えを感じているところです。

少数精鋭でリーズナブルな施工を

鶴久 では、現在手掛ける事業内容について、詳しく教えてください。

白山 メインの事業となるのは外壁や屋根の塗装です。異なる素材を組み合わせた高級なハイブリッド塗料を用いることで、熱や雨風から効果的に建物を守ります。その他にも、防水塗装や雨漏り修理をはじめ、内装工事、エクステリア工事といったリフォーム工事全般も承っているんです。
また、私自身が不動産業界で建物の知識を身に付けてきており、さらに地域の工務店様ともお付き合いが深いので、土地の売買や新築工事の請負などにも対応しています。そうして、建築に関することをトータルでご提供できるのが当社の強みです。

鶴久 とても幅広い事業を展開されていますね。防水塗装や内装などの工事に関しては、全ての工程を自社施工で行っているのですか?

白山 ええ。専属外注の腕利きの職人がいますから、少数精鋭のチームで良質な施工を行うことができます。そのため中間マージンが掛からず、さらに当社自体がコンパクトな規模で人件費を削減しているので、お客様にはリーズナブルな価格でサービスが提供でき、職人さんにも内容と質に見合う単価で依頼することが可能なのです。この“Win-Win”の関係を保ち続けることが、私の目指す理想の企業像ですね。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則