インタビュー

スペシャリスト

株式会社 サンクイット

25年以上にわたって、IT業界でマーケティングやビジネス開発を手掛ける。MBA(経営学修士)取得時に、IT投資以前に組織開発の重要性を認識する。そこでポジティブなアプローチによって企業を変えるため、2017年10月に(株)サンクイットを設立。独自に開発したシステムで、社員のモチベーションや成長意欲を開発し、生産性向上をサポートしている。

株式会社 サンクイット
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座7-13-6
サガミビル2F
URL http://www.thankit.com/

石黒 こちらは、ユニークなシステムを提供されている会社と伺いましたが、具体的にどのような内容なのでしょうか?

寺澤 「サンクイット」という、企業の中で社員同士が気軽に誉め合えるシステムです。ある会社の理念が浸透している理由の1つが、感謝の気持ちを伝えるカードを書いて貼り出していることだと知り興味を持ちまして。それをパソコンやスマートフォンを使ってできれば、より気軽に誉め合えると考え、20年以上IT企業に勤めた経験を生かしてシステムを開発したことが、当社の始まりです。

石黒 家族間でもネットを介すると、誉めたり謝ったりとコミュニケーションを取りやすいですものね。

寺澤 ええ。部下の良いところを見直すと、誉めた上司も「良いところを見つけられた」と心の波動が上がるもの。上司のポジティブな感情は部下に伝わり、組織がポジティブになります。するとみんなが「これをしたら自分が成長できる」「チームに貢献できる」と積極的に働けるようになるんです。つまり、誉めて伸ばすシステムによって社員のやる気を高めて企業のパフォーマンスを上げ、売上アップに貢献したいと考えています。

1 2


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則