インタビュー

建築

川﨑 自らの実力で、周囲の信頼を勝ち取られたのですね。では、そこから独立に至った経緯というのは?

鹿野 実は、リーマンショックの影響などを受け、義父の会社が解散することになったんです。その当時、私は経営にも携わっていたため、解散となって多くの職人たちが急に働けなくなってしまうわけにはいかない、と考えていました。そこで、取引先の各企業様に事情をお伝えし、何とか仕事を引き継げないかと、難しい話ではありますが頭を下げてお願いをしたんです。すると、本当にありがたいことに仕事を融通して頂けることになって─。それを聞いた仲間たちも一緒にやりたいと言ってくれたため、「葵工業」として再スタートを切ったという流れです。それから何度か従業員の増減はあったものの、新しい人材がどんどん集まって来てくれて、本当に人に恵まれたと感じています。

強い結束力で質の高い仕事を実現する

川﨑 社長の真摯な思いが、多くの人を動かしたのだと思います。では、施工内容についても詳しく教えてください。

鹿野 当社では、店舗や福祉施設、小学校などの建設現場において、下地工事から手すりや鋼製型枠の製作・設置まで、現場に合わせたさまざまな溶接・鍛冶工事を行っています。溶接の位置のわずかなズレなどが建物全体の完成度にも関わるという意味では、責任の大きい工事と言えますね。ただ、その分しっかりした仕事をしてスムーズに工事が進むと、同じ現場に入っている大工さんやとび職の方々にも喜んで頂けるんです。「ありがとう、次もお願いします」といった言葉を頂いたときには、私たちもやりがいを感じます。

川﨑 なるほど、まさに建物の要となる工事であると。

鹿野 そうですね。また、現場では職長が若いメンバーの面倒をしっかり見る風土が根付いており、派閥をつくったり、誰かをチームの輪から外したりするようなことはありません。そのためチームワークが良く、団結して現場を円滑に回せるのは強みだと思っています。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則