インタビュー

スペシャリスト

石黒 警備を通して、たくさんの方の身近な安全を守るお仕事なのですね。

中武 おっしゃる通りです。また、男女間のトラブルやストーカー被害で悩まれている方に、通勤・通学時に付き添って安全を守る身辺警備も可能です。クライアントには、とにかく思いの丈を話して頂き、何に悩まれているのかを理解してさしあげることを意識しています。そうして私が身内になったつもりで、「誠実に接する」という感覚を大切にしていますね。その結果喜んで頂けることが何よりのやりがいになるんです。

石黒 社長のお仕事に懸ける熱い思いが伝わってきます。

中武 ちなみに、武丸という社名は船名をイメージしていて、「私が用意した船にみんなで乗って、同じ方向を目指していこう」という意味を込めているんです。当社には警視庁、千葉県警、茨城県警などで活躍していた20~70代の人材が在籍しており、今後は特に若い世代を取り込んでいきたいですね。実際に若者支援に力を入れていて、支援団体と連携を取りながら、社会から離れてしまった若者の復帰支援にも取り組んでいます。

石黒 それでは、事業についてはどのような展望をお持ちでしょうか。

中武 まずは会社の知名度を上げて、気軽に相談できる場があるということを皆さんに知って頂きたいですね。また、今は警備の仕事に加えて、インターネットを使った広告事業など、新しい事業を手掛けるようになりました。これから、さらに幅広い仕事に着手していきたいと思っています。そうして仲間たちが楽しく仕事ができる環境をつくりながら、可能性ある人材を迎え入れ、より多くの方々に喜んで頂けるよう、チャレンジを続けていきたいですね。

GUEST COMMENT

石黒 彩

今までのご経験や、ご自身の持っている力を仕事に生かし、仲間を増やして新たなチャレンジをされていく中武社長の姿勢に感銘を受けました。男女トラブルなどに悩まされる女性にとって、警備して頂けるのはとても心強いと思います。これからも困っている方々の支えとして、ご活躍されてください!

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ