インタビュー

サービス

鈴木 なるほど。その中で社長が特に心掛けていらっしゃることは何でしょう。

清水 従業員教育に注力することです。私は、素晴らしい従業員がいるからこそ、お客様が発注してくださり、会社が成り立つと考えます。従業員には技術力や心を磨き、人間的にも成長してほしいと願っていて、生い立ち、性格、価値観など異なることを理解し、それぞれに適した対話を心掛けています。そして、従業員たちにも教えられたままの受け身の姿勢ではなく、積極的に自分流のやり方に変えていってほしいと思っています。

鈴木 その考えはとても共感できます。プロ野球選手は皆、自分流の準備の仕方がありますが、それは若手時代に受けたアドバイスを実践し、少しずつアレンジしていき出来上がったもの。私も現役時代はそうしてスタイルを確立しました。

清水 そうだったのですね。また、成長するためには目標設定が必要です。そのため従業員には、何でも良いので目的ややりがいを持ってもらうようにしています。例えば朝、爽やかな挨拶を心掛ける、10分早く出社するなど、それぞれが定めたことに取り組むことで、いつの間にかそれが習慣化し、次のステップへと進む力になるのです。実は2018年1月に全従業員にその年の目標を定めてもらっているので、年末に忘年会を兼ねて1周年パーティーを開催し、自分の立てた目標を達成できたかを発表して、達成の喜びを皆で分かち合える場にしたいですね。今から楽しみな1周年パーティーは私の2018年の目標でもあります。

鈴木 社長の従業員の方に対する愛情の深さが感じられます。最後に、今後についてはいかがでしょうか。

清水 当社には、人生経験豊富な従業員が数多く働いています。全員が仕事を通じて成長を重ね、その生き様がより光り輝くことで、お客様にも素晴らしいサービスを提供できるよう、努めていきたいと考えています。

GUEST COMMENT

鈴木 尚広

「信念を持って自分の道を突き進んでいる」と語る清水社長。それを貫くために大変な苦労も乗り越えられたとのことで、私の現役時代の経験と重なる部分も多く、非常に共感できました。また、従業員の方にも目標を設定させている取り組みも素晴らしく、今後もますますの活躍が期待できますね!

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則