インタビュー

美容・健康

七山 全身を鍛えるコースや産後ダイエットコースなど、複数のメニューを用意しています。そして、長く続けて頂きたいとの思いから料金は安価に抑え、コミュニケーションもしっかり取っているんです。実は、私は過去に大ケガを負ったことがありまして。そのリハビリの過程で、体の構造や効率の良い鍛え方などを身をもって学び、理論を構築してきました。

時東 ご自身の経験が基にあると。お客様はどのような層の方が多いのですか?

原田 20~30代の女性が中心です。特に当ジムはキッズスペースを設けているので、お母様方も多く通ってくださっています。1部屋分をまるまる使った本格的なつくりで、おもちゃで遊んだり、アニメを見たりすることもできますよ。

時東 私も友人から「子どもがいてジムに行けない」という話を聞きますし、時代のニーズに則したサービスですね!実際にお客様の反応はいかがですか?

原田 ありがたいことに、「1ヶ月でこれだけ痩せた」「体幹が鍛えられて電車で立っていても辛くなくなった」という喜びの声を多く頂いていますよ。

七山 また、「ゴルフで飛距離が伸びた」という方も。私自身がスポーツ好きということもあり、お客様には運動そのものを好きになって頂けたらと思っています。スポーツをすると、自ずと必要な筋肉を鍛えたり、体の使い方を覚えたりできるもの。何よりスポーツは、人生を充実したものにしてくれるはずです。

時東 では、今後のビジョンについてはいかがでしょうか?

原田 ジムの認知度を高め、キッズスペースも存分にご活用頂くことで、お母様方が通いやすいパーソナルジムとしての地位を確立していきたいですね。

七山 アメリカでは、日本よりもトレーニングに対する考えや指導法が進んでいると言われています。私もその学びを深め、ゆくゆくは日本でも広めていけたらと思っています。

GUEST COMMENT

時東 ぁみ

子どもを連れて通えるジムというのは、子育て中の女性の心強い味方でしょうね。また、シューズやウェアも貸し出してくださるので、仕事帰りにも手ぶらで通えるのだとか。これからも、どんな方でも通いやすい、女性に優しいジムであり続けてください!

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則