インタビュー

サービス

おそうじ本舗 桶川店

代表 西 久栄
新潟県出身。学業修了後は自動車部品メーカーで長年働き、自らの力で仕事を生み出すべく道を模索。3年ほど個人で清掃業を手掛けた後、60代にして「おそうじ本舗 桶川店」を立ち上げる。

店長 西 敏恵
久栄氏の妻。初めは久栄氏の起業に反対しながらも、後にサポートに回る。現在は夫婦チームに加え、息子とその友人のチームでの清掃も提供。女性目線でのハウスクリーニングが好評を博している。

おそうじ本舗 桶川店
住所 〒363-0026
埼玉県桶川市上日出谷922-36
URL http://osoujih-okegawa.com/

矢部 西代表は、60代を目前に清掃業で独立されたそうですね。まずは、起業に至るまでの歩みをお聞かせください。

西(代表) 私は長年、自動車部品製造の会社で働いてきましたが、「このまま会社勤めで終える人生では面白くない」と考えるようになりました。家族の生活もありますから、すぐに始められる清掃業で57歳の時に独立したんです。

西(店長) 私はその話を聞いて初めは反対したのですが、主人の意志の強さを感じて、それならば支えようと覚悟を決めました。独立当初は個人事業でしたが、より多くのお客様の力になるために開業3年目で「おそうじ本舗」のFCに加盟し、今の形になったという流れです。

矢部 夫婦二人三脚で支え合ってこられたというわけですね。

西(代表) ええ。妻は口下手な私に代わってコミュニケーションを取り、女性目線でのきめ細やかな対応をしてくれています。女性のお客様からのご依頼も多いので、「安心できる」と好評です。近年ブランドの知名度が高まったということもありますが、経営を軌道に乗せられたのは妻のおかげも大きいと思います。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 川﨑麻世 畑山隆則