インタビュー

建築

ヒラケンホーム

埼玉県草加市出身。10代で建築業界に入り、職人として技術を磨いた後、将来的な独立を見据えて営業職へと転身する。2017年4月、22歳の時に独立し、「ヒラケンホーム」を設立。地元の友人やかつての仕事仲間をスタッフとして迎え入れ、強固な信頼関係によるチームワークを武器に、埼玉県内を中心に実績を残している。

ヒラケンホーム
住所 〒340-0022
埼玉県草加市瀬崎3-26-1
URL http://hiraken.crayonsite.net/

矢部 平良代表は、22歳と若くして独立されたと伺っています。まずは、これまでの歩みをお聞かせください。

平良 10代の頃から建築現場の職人として働いていましたが、将来的に独立するには、営業スキルが必要だと考えたんです。そこで営業職に転身し、指導を受けつつ自らの営業スタイルを確立していく中で、お客様もかなり増えていきました。そうして自信を付け、2017年に独立を果たしたという次第です。

矢部 昔から明確なビジョンを描いていらしたのですね。では、現在はどのような事業を展開されているのでしょう。

平良 戸建てのリフォームがメインです。外装・内装、瓦の葺き替えや、オール電化をはじめとする新たな設備の取り付けなど、小さなことから大きなことまでサポート致します。長年お住まいですと気になる箇所が出てくるものですから、無料診断でお気軽にお問い合わせ頂き、施工した現場のアフターメンテナンスも一件一件丁寧に無料で承っているんです。当社のスタッフや地元の職人など信頼のおける仲間と共に、社長である私も現場で施工にあたっています。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 川﨑麻世 畑山隆則