• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 尾関設備 代表取締役 / 1 級管工事施工管理技士 尾関 治之

インタビュー

建築

水野 専門性が高く、手間の掛かるお仕事ですが、現在はお一人で?

尾関 基本的には私だけで請け負っていますが、それが難しそうなご要望をお客様から頂いた場合には、協力会社に依頼して一緒に施工しています。「職人堅気で、お客様第一」という私の考えに共鳴した仲間たちが、協力会社にも集まってくれているんです。そして、この横のつながりを生かせば、家を一軒建てられる技術が揃っているほどです。

水野 お互いに助け合える素晴らしい関係ですね。このお仕事ならではの魅力はどういったところにありますか?

尾関 ダクト工事は現場も材料も毎回異なり、同じものが完成することはないので、毎回新鮮な気持ちになれる点が大きな魅力ですね。そして完成したダクトを見ると「これは自分がつくり上げたんだ」と、感慨深い気持ちになりますよ。ダクトは基本的に人目に触れるものではありませんが、20年間着実に積み重ねてきた知識や技術に誇りを持って、目に触れないところまで真心を込めて丁寧に仕上げています。

水野 では最後に、この先の展望をお聞かせください。

尾関 風や水といった自然の恵みを活用し、お客様に喜んで頂ける設備を形にしていきたいです。そして、将来的にはトータルで建築を手掛けられたらと思います。現在では、道具や機械が発達して作業員の肉体的な負担は減りました。若い方にダクト業界にもっと目を向けて頂けるよう、魅力を発信していきたいです!

GUEST COMMENT

水野 裕子

尾関社長がお仕事を心から楽しまれている様子は、お話からとてもよく伝わってきました。また、現場の工事の先を読む姿勢にも、本当に共感できます。これからも、横のつながりを大切に築き上げられながら、多くのお客様に職人のこだわりの技術を提供していかれてくださいね!

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ