インタビュー

サービス

モウトファミリーデリバリーサービス

山形県酒田市出身。幼少期より車やバイクに興味を持ち、学業修了後は神奈川県の自動車メーカーに就職。その後、静岡の物流会社へ転職し、現場での仕事を続ける中で自ら事業を手掛けたいとの思いが募り、独立を決意する。2004年に「モウトファミリーデリバリーサービス」を開業し、地域密着の軽貨物運送業を展開している。

モウトファミリーデリバリーサービス
住所 〒419-0316
静岡県富士宮市羽鮒2456-15
URL http://moat-f.com/

宍戸 こちらは軽貨物運送を手掛ける会社と伺っていますが、堀代表が起業されるまでの歩みをお聞かせください。

 私は子どもの頃から車が好きで、社会人一歩目は神奈川県の自動車工場に就職した後、静岡県に移ってからは物流会社で運送の仕事に携わってきました。その中で、「現場の頑張りなくして会社の成長はない」と思うようになったんです。そして、現場を重んじる会社を自分で立ち上げようと決意し、2004年に独立した次第です。

宍戸 「現場主義」というご自身の理想を掲げられての起業だったのですね。実際に事業をスタートされてみて、いかがでしたか?

 立ち上げ当初から事業は順調でしたが、ほどなくして不況の煽りを受け、低迷した時期がありました。そこから協力してくれるドライバーの仲間を増やして横のつながりを築き、地道に立て直すことができて、今につながっています。現在行っているのは、小型の荷物を大手運送会社からお預かりし、地域のご家庭や店舗にお届けするという事業です。“その日のお荷物はその日のうちに”という気持ちを胸に、早さと丁寧さを兼ね備えた宅配サービスを実現しています。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則 宮地 真緒 矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治