インタビュー

製造・技術

宍戸 現在は、どのような製品をつくっていらっしゃるのですか?

佐野 既成のBBQ用コンロに取り付けて使いやすくするビルトインアダプターや風除けカバー、食器入れ、小物入れなど、ニーズに合わせたさまざまなキャンプ用品です。質の良いステンレス素材を製品に使いながらも、価格はなるべく低く抑えています。主にお客様からのアイデアやご要望に基づいて製作し、必ず試作品に対するレビューを頂いた上で、改良を加えて完成させるんです。

宍戸 なるほど。お客様と共につくり上げているのですね。

佐野 一般の方が金属加工業を身近に感じる機会は少ないですが、この仕事ではものづくりの楽しさを共有できているのではないかと思います。時には、意見を擦り合わせる中で、完成に1年ほどかかることも。その結果、お客様が喜んでくださるものが出来上がるので、本当に嬉しいです。製作の際には必ず、使う人の気持ちになることを大切にしています。

宍戸 ご自身がキャンプをされるからこそ、ユーザー目線で独自のものづくりができるのだと思います。お話からもまだまだ成長されていく勢いを感じますが、今後についてはいかがでしょう。

佐野 ありがたいことに、本業である溶接・板金加工の仕事も数多く頂けるようになってきました。一人前に育った息子の右腕となるような人材を育て上げ、経営をより強固なものにしたいですね。そして、私自身はキャンプ用品の事業に注力し、自分の発想を実現するオリジナル製品や、廃盤になった製品の復刻版のような製品も開発できればと考えています。人のお役に立つことには何でも挑戦しながら、今後も遊び心を忘れることなく、前向きに突き進んでまいります。

GUEST COMMENT

宍戸 開

日本の技術力は素晴らしいですが、それを実感できないと、継承を志す人は減ってしまいます。そういう意味でも、熟練の職人の技をキャンプ用品という身近なものに落とし込んでいる佐野代表の事業は、心から応援したくなりました。ものづくりの魅力を次世代へと受け継いでいってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則