インタビュー

サービス

有限会社 友和物流

飲食業界で働いた後、友人の誘いを受けて(有)友和物流に入社。引っ越し作業や家具家電配送作業の現場で活躍し、内外から高い評価を受ける。部長に抜擢され、配車や営業を担当するようになると、その手腕を発揮して売上に大きく貢献。2017年9月、現会長である先代社長から事業を引き継ぎ、代表取締役に就任した。

有限会社 友和物流
住所 [本社]〒215-0005
神奈川県川崎市麻生区千代ヶ丘7-7-22
[営業所]〒227-0031
神奈川県横浜市青葉区寺家町13-14 103
URL http://yuwabutsuryu.com/

引っ越し・家具家電配送といった運送業を展開する(有)友和物流。2017年に2代目社長に就任した由見氏は、これまで培った現場経験と柔軟な発想を生かし、物流の枠を超えた事業展開で会社を成長させている。そのアイデアの源泉に、俳優の名高達男さんが迫った。


会社を上昇気流に乗せた新風

名高 由見社長は、2017年に2代目に就任されたそうですね。まずは、これまでの歩みについてお聞かせください。

由見 友人の誘いを受けて飲食業界から当社に転職し、引っ越し業で7年、家具家電配送業で4年ほど、ドライバーとして現場で働いてきました。当時心掛けていたのは、他の社員のサポートもしながら、事故や遅延、クレームのないよう丁寧かつ迅速な仕事をすること。おかげさまで、依頼主からも高い評価を頂き、社内でも部長として配車や営業を担当するようになりました。部長就任後から売上を着実にアップさせることができ、その実績を先代にも認めて頂いて社長職を任されることになったのです。

名高 それは素晴らしい働きぶりですね。どのようにして売上を伸ばしていったのでしょう。

由見 運送業界は慢性的な人手不足に悩まされていますが、当社も私が配車を任されたばかりの頃は、車両が余っている状態でした。「とにかく車両を稼動させなければ意味がない」と考え、まずは人づてに人員を確保してから、経験の浅い社員に教育を施していったんです。私は顔の広さが強みだったので、求人広告を大々的に出すことなく稼動させることに成功しました。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則