• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 宮﨑電気商会 代表取締役社長 / 1級電気工事施工管理技士 宮﨑 勝徳

インタビュー

建築

株式会社 宮﨑電気商会

(株)宮﨑電気商会を営む父の下で生まれ育つ。大学卒業後は7年以上にわたり、東京の電気工事会社で職人としての修業を積む。30歳で福岡に戻って家業へ入り、38歳で現職に就任。現在は従来から行う住宅の電気工事に加え、産業用太陽光発電システム工事にも着手するなど、業務の幅を広げている。

株式会社 宮﨑電気商会
住所 〒814-0113
福岡県福岡市城南区田島4-18-30
URL http://miyazakidenki.com/

(株)宮﨑電気商会は1960年創業の電気工事会社だ。創業者の父から同社を継承した宮﨑社長は、独自の教育メソッドを用いて、顧客を思いやり、円滑なコミュニケーションが図れる社員の育成を手掛けている。その熱い思いに、ミュージシャンの鶴久政治さんが迫った。


歴史と共に引き継いだ顧客への思い

鶴久 福岡で50年以上続く歴史ある電気工事会社だと伺いました。創業はお父様だそうですが、宮﨑社長が跡を継がれるまでの歩みからお聞かせ頂けますか?

宮﨑 福岡の大学を卒業した後に上京し、電気工事会社に住み込みで働いていました。目まぐるしい日々を過ごしましたが、仕事自体はとても楽しく、充実していましたね。そうして経験を積み、30歳で福岡に戻って当社に入りました。

鶴久 2代目として戻るとなると、難しい部分もあったのではないでしょうか。

宮﨑 取引先とのお付き合いではプレッシャーがありましたが、社内に関しては決してそんなことはなかったです。それと言うのも、先代の右腕だった番頭さんが本当に良くしてくださって──職人を厳しく取り仕切っていたその方は、平社員だった私を「専務」と呼び、みんなに「これからは専務を盛り上げて宮﨑電気をさらに繁栄させていく。少しでも悪口が耳に入ったら私の権限でクビにする!」と、過激ながら、愛情深い呼びかけをしてくださいました。私が社長になるまで本当にやりやすい環境をつくってくださった、恩人の中の恩人と言える方なんです。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒