インタビュー

美容・健康

東京形成美容外科

千葉県出身。高校時代に美容外科を受診し、その時の体験をきっかけに美容医療の道を志す。国内トップクラスの美容外科で院長を務めるなど、複数の病院やクリニックで積んだ豊富な経験を生かして独立。2016年、地元で「東京形成美容外科」を開院した。

東京形成美容外科
住所 〒273-0005
千葉県船橋市本町6-6-1 北翔ビル3F
URL https://tokyo-biyou.com/

矢部 弓削田院長は、どういった経緯で美容外科医を目指されたのでしょう。

弓削田 私はもともと、鼻の辺りにホクロがあったんです。自分としてはあまり気にしていなかったのですが、父が美容外科に通っていたことから、学生時代に除去することになって。そして、いざ取り除いてみると「ホクロ1つでこんなに顔の印象は変わるものなんだ」と強く感動しました。その体験に後押しされる形で美容外科の道に進み、大手のクリニックで10年以上院長を務めるなど、幅広く経験を積んで開業に至りました。

矢部 しっかりとキャリアを確立されてからの独立だったのですね。では、こちらの院の特長をお伺いできますか?

弓削田 医療技術や美的センスには絶対の自信がありますし、美容外科医として患者様を美しくするのは当たり前。その上で、当院は患者様にとことん向き合うスタイルを大切にしているのです。まずはしっかりとカウンセリングを行い、患者様のお悩みを十二分に理解します。そして、こちらからも的確なアドバイスを行いつつ、必ずご納得頂いてから治療を進めていくのです。そのため、来院されたその日に施術をする院も多い中、当院は一度ご自宅でじっくり考えて頂けるように、基本的にはカウンセリングから日を空けて施術を行います。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒