インタビュー

ライフスタイル

有限会社 三味コーポレーション

富山県出身。大手人材企業に勤務していたが、交通事故がきっかけで体に不調を来し退職する。人生を変えようと留学したハワイでロミロミの師と出会い、技術と奉仕の精神を学ぶ。帰国後、ハワイアンロミロミにコンサルティングを組み合わせた独自のサービスを提供するヒーリングサロン「アロハレイ」を立ち上げた。

アロハレイ
有限会社 三味コーポレーション
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-19 2701
URL http://aloha-lei.jp/
Facebook http://goo.gl/k6Y5fp

名高 まずは、岡本さんとハワイアンロミロミとの出会いから教えてください。

岡本 私は2000年に交通事故に遭い、魂が体から抜ける臨死体験をしました。一命をとりとめたものの、数年間にわたり全身の痛みや精神的な不調に悩まされて・・・。その時、タロットや瞑想法を学んで自分の運命を読んだところ、「急いで高みに登れ、英語を学べ」という啓示が出たので、ハワイへ語学留学をしに行ったんです。そしてホームステイ先のホストマザーに紹介して頂いた、ハワイ発祥のヒーリング技術ハワイアンロミロミの先生から強いエネルギーを感じ、その方の下で学ぶことに。独立して自由に生きたいという思いもあり、ハワイアンロミロミを習得して当店を開きました。

名高 海を渡られて自らの天命をお知りになったのですね。

岡本 ええ。現在は、ビジネスや人間関係の悩み、精神的な不調を感じられている方に対して、ハワイアンロミロミを独自に発展させ、着衣のままオールハンドで施術する「観音ろみろみ」を行っています。これは観音様からエネルギーを頂く施術で、私の体を通してエネルギーを降ろし、三位一体の心・体・魂にアプローチします。人間は神の一部で、一人ひとりの魂には役割があるのです。それを守護神様から伝えて頂いたり、前世で負った魂の傷を修復したりするセッションを通じて、お客様の隠れた素晴らしい力を引き出します。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒