• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 和みの郷プロジェクト 株式会社 代表取締役社長 / 保健学博士 和山 行正

インタビュー

美容・健康

和みの郷プロジェクト 株式会社

広島県出身。学業修了後は北里大学衛生科学検査研究センターに就職し、主にウイルスの研究を手掛ける。その後、大学と製薬メーカーが共同で立ち上げた企業に入り、最終的に代表取締役社長を務める。定年退職後、和みの郷プロジェクト(株)を設立した。

和みの郷プロジェクト 株式会社
住所 〒151-0071
東京都渋谷区本町1-16-2
エクセリア代々木904
URL http://nagomi-sato.info/

杉田 和山社長は、独立前はどういったお仕事に就かれていたのですか?

和山 前職では長年、ウイルスの研究を行う傍ら、保健学博士として健康に関する研究も手掛けていました。そして定年退職を迎えた時、「人のために役立つことに挑戦したい」という思いから、健康寿命を延ばすことを目標に、当社を立ち上げたのです。

杉田 日本人は長生きしても、介護を受けていたり、寝たきりになってしまう方が多いですものね。

和山 おっしゃる通りで、現在の日本の健康寿命と平均寿命の差は、男女共に約10年あります。「健康」という定義はさまざまですが、最低限、自分のことは自分でできる程度の状態を保てれば、医療費が削減でき、何よりご本人も何歳になっても生きる喜びを感じて生活できるはず。そこで当社では、60歳以上のシニアを対象に健康になって頂くための構想を練り、実践に移しているところです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒