インタビュー

不動産

川﨑 明確なビジョンをお持ちだったのですね。具体的に、どういった点を改善されたのですか?

木村 まずは、外注に任せていた部分を可能な限り自社で行う内製化を図ったんです。例えば、私が後を継ぐ前、賃貸物件の管理業務は多くを外部の管理会社に委託していました。しかし、中には入居者様や大家さんに対してあまり親身でない会社もあり、お客様から不満の声も聞いていたんです。先代はお客様への面倒見の良さを強みにしていましたし、外注部分の質の悪さで評価が下がってしまうのはもったいないですよね。そこで、入居者様や大家さんと同じ目線に立った管理業務を自社で行うことにしました。サービスの向上につながりますし、コスト削減にもなります。

川﨑 先代のマインドを引き継ぎつつ、それがお客様にきちんと伝わるように体制を整えられたのですね。

木村 ええ。そして、「支出を減らし収入を増やす」というのは経営の基本。お仕事を頂けるよう、周囲の方々からの信頼を集めることにも努めました。例えば、町内会役員としての会計業務や、老人クラブの街路樹清掃など、仕事の合間に地域貢献のために活動する中で知り合った方から、不動産相続の案件を任せて頂くこともあったんです。そうして、おかげさまで就任以後、毎年の増収増益を続けることができています。

相談しやすい不動産会社

川﨑 扱っていらっしゃるのは、やはり川崎市内の不動産ですか?

木村 ええ、川崎区を中心に、川崎市全域、周辺地域も含め、横浜市鶴見区、東京都大田区といった地域の不動産が対象です。アパート、マンション、戸建てといった住居物件をはじめ、事務所、店舗、工場、土地まで、賃貸・売買を問わず手掛けています。そのため、地域の方の不動産に関するお悩みは、どんなことでもご相談頂きたいですね。実際、私が散歩をしている時にお声掛けくださったお客様が、最終的に当社と契約を結んでくださったということもありました。

川﨑 不動産について相談しやすい方が身近にいらっしゃると、本当に頼もしいと思います。私自身も以前、自分が借りていた物件に関して大家さんとトラブルになりそうだったところを、地域の不動産会社さんに助けて頂いた経験があり、その時のことを思い出しました。

木村 それは良かったですね!大家さんと入居者様とのトラブルは、手間と考えて介入しない会社は多くて・・・。その点、当社は日頃から双方と密にコミュニケーションを取っていますから、大手企業には真似できないスムーズな対応ができると自負しています。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則