インタビュー

不動産

株式会社 永信商事

(株)永信商事の創業者を祖母に持ち、学生時代から後を継ぐことを意識する。大学卒業後は東証一部上場企業に勤務。2009年、24歳で2代目社長に就任し、常に改革の目線を持った経営で増収増益を続ける。現在は、川崎市を中心とした不動産事業について、賃貸・売買問わず幅広く扱っている。宅地建物取引士、相続診断士、損害保険募集人。

株式会社 永信商事
住所 〒210-0834
神奈川県川崎市川崎区大島1-11-15 永信ハウス

1982年の創業以来、川崎市に根差して信頼を築き上げてきた(株)永信商事。2代目に就任した木村社長は、会社をさらに成長させて「川崎市の顔」にしたいという目標を掲げる。その熱い思いに、川崎市産業親善大使でもある俳優の川﨑麻世さんが迫った。


就任以来、体制の改革を推進

川﨑 こちらは川崎市で創業されて35年以上の歴史を持つ不動産会社だそうですね。実は私、名字のつながりで川崎市産業親善大使を務めているので、今日はお話を伺うのを楽しみにしていました。

木村 ありがとうございます。当社は1982年に私の祖母が創業し、地域に根差して不動産事業を展開してきました。私は大学卒業後、東証一部上場企業で働き、2009年、24歳の時に2代目社長に就任した次第です。

川﨑 若くして家業を継がれたのですね。就任にあたっては、不安もあったのではないかと思います。

木村 確かに、業界全体の中でも若手ですから、周囲からは心配の声も上がりました。ただ、祖母が高齢になり、私自身も若くして経営をしたいと思っていたので、学生時代から家業を継ぐことを意識していたんです。社長に就任する前から経営のイメージや会社をどのように改善していくかという案を持っていたので、戸惑いはありませんでした。思い描いていたことを実際に取り入れて、現在のように展開しています。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒