• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ポールスターコミュニケーションズ 代表取締役 北 宏志

インタビュー

スペシャリスト

株式会社ポールスターコミュニケーションズ

北海道出身。大学卒業後は私立大学付属中高一貫校の社会科教師として約6年間勤める。2012年にランドセルメーカーに転職し、中国への出向や販売ビジネスの経験を積む。2017年に(株)ポールスターコミュニケーションズを設立。人材育成コンサルタントとして活動する。

株式会社ポールスターコミュニケーションズ
住所 〒114-0004
東京都北区堀船1-1-1 111
URL http://www.pole-star.me/

石黒 北社長は、以前は教師でいらっしゃったそうですね。

 ええ。子どもの頃から人に教えることに興味があって、大学卒業後は私立大学付属の中高一貫校で社会科の教師を約6年務めました。その中で、次第にビジネスの分野にも挑戦したいという思いが募り、親族が経営するランドセルメーカーに転職したのです。その会社では福島県に工場を立ち上げ、人事や運営を行った後、中国へ出向することになり、現地の工場での5S指導や、アジア圏を飛び回っての営業活動も行いました。そして、それまでの教育や人材育成の経験を生かし、当社を立ち上げた次第です。

石黒 実際に、どういった事業を展開されているのでしょう。

 海外進出を目指す企業や、人材育成に悩む企業のアドバイザーを務めたり、コンサルティングを行ったりしています。当社では“World wide METHOD”を掲げており、国内外の組織で通用するコミュニケーション能力やマネジメント能力を、経営者の方々をはじめ若手リーダーなどに向けても指導しているのです。その他、新入社員の育成にも関わらせて頂きますし、ビジネス研修や経営者向けのコーチングなども行っています。そこでは分かりやすいように例を交えたワークショップ形式で、すぐに実践できて効果的な方法をお伝えしていますよ。また国内外問わず、ご依頼には可能な限り応えたいと思っています。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒