インタビュー

サービス

合同会社 D-ing

代表 / 最高経営責任者(CEO) 大金 剛士
10代から独立思考を強く持ち、仕事を通じて知り合った三田村氏と共に、ビジネスをスタート。個人事業を経て、2017年に(同)D-ingとして法人化を果たした。

最高執行責任者(COO) 三田村 信太朗
知人に紹介された事業を機に、大金氏とビジネスを始める。現在は、COOとして(同)D-ingの経営を支えている。

合同会社 D-ing
住所 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-12 和孝渋谷ビル 4F
URL http://www.ding-llc.com/

石黒 (同)D-ingさんは、お二人で経営を担っていらっしゃるそうですね。

大金 はい。私は10代の頃から起業を志してアンテナを張っていたところ、プログラミングスクールを手掛けている企業の社長に出会いました。その企業のお手伝いという形で協力させて頂いて経験を積み、2017年には(同)D-ingを設立したんです。

石黒 では、現在はどのような事業を展開されているのでしょう。

大金 リスク分散のため、「できる範囲で幅広く」という意識で多様な事業展開をしています。まず、ITの分野で手掛けているのは、法人化前から携わっているプログラミングスクールの営業や運営です。学生の方や中途採用希望の方に、スクールで6ヶ月間しっかり学んで頂き、当社では就職・転職のサポートも致します。最近は、自社のプログラマーの再教育を目指す企業様からのご依頼も増えているところです。

三田村 また、大金が車好きであり、私の兄が自動車業界にいた関係から、中古車販売も行っています。自動車の価格は、本体価格に車検などの費用が加わるのが一般的です。そこで当社は、「均一価格」を提示し、それ以上の費用は掛からず、車検は数年つくというシステムにしています。想像以上の反響を頂いており、今後さらに力を入れていきたい事業です。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則 宮地 真緒 矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治