• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • アウリスコンサルティング 株式会社 代表取締役 武藤 宗昭

インタビュー

不動産

アウリスコンサルティング株式会社

学業修了後は旭化成工業(株)に入社し、36年間勤務する中で住宅営業や不動産仲介、マンションの用地仕入、コンサルティングなど、不動産に関わるあらゆる業務を経験する。「顧客のためにもっと踏み込んだサポートをしたい」という思いが芽生え、2017年に旭化成ホームズ(株)を定年退職し、アウリスコンサルティング(株)を設立した。

アウリスコンサルティング 株式会社
住所 〒163-0532
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32F
URL http://www.aurisconsulting.co.jp/

土地の相続、賃貸借など、互いの利害関係によってトラブルを生むことがある不動産問題。そうした事態を防ぐために相談に乗り、最適なアドバイスを行うのがアウリスコンサルティング(株)だ。コンサルタントとしての武藤社長の信念に、タレントの石黒彩さんが迫った。


不動産への尽きぬ情熱から独立

石黒 武藤社長は、これまで不動産業界一筋に歩んでこられたそうですね。

武藤 はい。前職では大手ハウスメーカーに定年まで勤め、住宅販売から仲介、用地仕入、コンサルティングに至るまで、不動産に関わるあらゆる仕事を経験しました。中でも20年以上にわたり携わったのがコンサルティングで、多様な土地や建物の問題を解決してきたのです。

石黒 なるほど、まさに不動産のエキスパートでいらっしゃるわけですね。そこから、自らの力で事業を立ち上げられた原動力は何だったのでしょうか?

武藤 「自分はまだまだやれるはずだ」「お客様に提供できる価値がある」というシンプルな気持ちですね。前職は大手企業だった分、コンプライアンスの制限などによってお客様に踏み込んだサービスができないこともあったので、起業して自分の理想のサービスを追求するのも良いのではないかと。そこで、長年の経験とノウハウを生かし、不動産コンサルティングを主業務とする当社を立ち上げた次第です。

石黒 定年まで勤め上げられてなお、事業への情熱を傾けられるというのは素晴らしいですね。実際に起業されてみて、手応えはいかがですか?

武藤 やはり、全て自らの裁量で動けるということは楽しいです。大手の看板が外れたことで、1からブランドをつくっていかなければならない大変さはありますが、それも含めてやりがいを感じますね。また、独立して改めて、人とのご縁に支えられていることを強く実感しています。かつてお付き合いのあった方と再び一緒に仕事をさせて頂いたり、在職中に顧問をお願いしていた税理士や弁護士、一級建築士の先生方にも応援して頂いたりと、本当にありがたい限りです。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年5月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 水野 裕子 時東ぁみ 畑山隆則 鶴久 政治 宮地 真緒 駒田 徳広