インタビュー

教育・スクール

鈴木 話をしやすい先生になら、何でも教わりたくなりますものね。

 おっしゃる通りです。実際、生徒たちに「質問は何でも受け付ける」と伝え、まずは話をしてもらえる環境を整えています。そうした指導を通じて「これまで分からなかった問題が解けるようになった!」とキラキラとした笑顔を向けてくれるのは、何よりも嬉しいです。学ぶ楽しさを子どもたちに知ってもらうことで、「もっと勉強してみたい」と思うような動機付けをするのが私の役割だと考えています。

鈴木 私も直感的に「楽しい!」と思って野球の世界に飛び込みましたから、確かに動機付けは大切ですよね。好きだから努力するという姿勢は野球でも勉強でも同じなのだと思います。

 私が理科や数学を積極的に勉強したきっかけは、「何となく格好良い!」と思ったことですから、やはり共通していますね。当塾のキャッチコピーは、「なりたい自分をあきらめない」。努力により学力は伸びますから、「今すぐでなくとも必ずできるようになる」という思いで、生徒をどこまでもサポートしたいと考えています。

鈴木 生徒さんへの熱意が伝わってきます。塾としてもますます成長されるでしょうから、今後の展開が楽しみです。

 ありがとうございます。これからも講師と生徒の人としてのつながりを大切にした教育を続けます。また、より多くの生徒に学習への興味を持ってもらえるよう、ITを取り入れた学習指導にも力を入れていきたいです。そして、「この塾に通えば間違いない」と、生徒からも親御さんからも信頼され、地域で支持されることを目指しています。教え子が当塾を心のよりどころとして、近況を気軽に報告しに来てくれるような存在になれたら嬉しいですね。

GUEST COMMENT

鈴木 尚広

蕨代表は朗らかでお話ししやすく、生徒さんから慕われる様子が目に浮かびます。何事も「好き」「楽しい」という思いがあるから頑張れるという考えには共感しました。実力をお持ちですし、堂々としたらさらに頼り甲斐のある先生に成長されるはず!勉強の楽しさを多くの生徒に伝えていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則