インタビュー

建築

一町 豊富なスタッフ数を生かしてスピーディーに対応できることが強みですね。建物の種類や施工内容によって、さまざまな作業ケースがありますが、当社はそれぞれに特化したスタッフがいますので、多くのニーズに応えられます。特徴的な例では、エイジング塗装といって、外壁を味わいのあるアンティーク調に仕上げる塗装も手掛けられるんです。

鶴久 それほど技術の幅が広ければ、たくさんのお客さんが喜ばれることと思います。

一町 塗装作業の質は、5~10年経つと、ツヤがなくなるなど違いが表れてきます。当社は出来上がった塗装が商品になるという責任感を持ち、良質な塗料を使って丁寧な作業を心掛けているので安心してお任せください。そうしてお客様に信用して頂くことで、口コミでご紹介を頂いたり、施工後も別のリフォームの際などにご依頼を頂いたりしています。

鶴久 それはお客さんからの評価が高い証拠ですし、安心してお任せできますね。今後については、どのような展望をお持ちなのでしょうか?

一町 建設業界以外のお客様ともつながりを築いていき、ご依頼にオールマイティーに対応していきたいです。そして近いうちに法人化することが目標。設立当初から周りの方々の支えがあって続けてこられたので、人とのつながりを大切に、魂を込めた塗装をしていきます!

GUEST COMMENT

鶴久 政治

高い技術力を持ちながら「自分は人に恵まれている」と語る一町代表からは、謙虚さを感じました。一つひとつの作業を気持ちを込めて行い、お客さんの紹介で信頼を獲得してきた代表。今後も人とのつながりを大切にする姿勢を貫き、さらに会社を発展させていくことでしょう!

1 2


amazonからのご注文
2019年1月号
COMPANYTANK 2019年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、プロレスラーの棚橋 弘至氏がご登場!プロレスの人気が低迷していた2000年代から地道な活動を続けてきた同氏。不屈の魂の持ち主の言葉には、 ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則