インタビュー

サービス

鶴久 ワンちゃんの保育園があることは初めて知りました。社会性を身に付けるという点で、人間の保育園と同じですね。

廣田 また、ワンちゃんの保育帳も記録し、飼い主様と当店の間でその日の食事内容や体調についての情報を共有しています。ワンちゃんは言葉を発さないからこそ、責任を持って健康状態を見極めて仕事をしなければなりません。そして、お客様の時間を無駄にしてはいけませんから、スタッフには時間厳守を指導しています。それに加え、受付には必ずスタッフを置き、電話やお迎えに即座に対応することを徹底しているのです。

鶴久 ワンちゃんと飼い主を大切にされている代表の思いが感じられます。

廣田 それから、スタッフは“家族”と同じくらい大切な存在です。全員トレーナーの資格を保有して研修で技術を磨き、私の専門外の仕事を担当してくれているので、非常に助けられています。そうしたスタッフのため、会社として社会保険や福利厚生を充実させていることも当社の特長です。それにより初めて、スタッフもお客様の笑顔のために誠心誠意働けるようになるのだと思っています。

鶴久 最後に、会社としてこの先の展開はどのようにお考えでしょうか?

廣田 オリジナル製品の販売やドッグランの運営など、人員をさほど要しない部門を設立し、スタッフの待遇を改善しようと考えております。大切なワンちゃんをお預かりする立場として、万が一ミスがあっても正直にお伝えするなど、お客様に「安心して任せられる」と信頼して頂ける仕事を続けてまいります。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

預かったワンちゃんはドッグランでストレスを発散できるため、ケージに入ると大人しくなるそうです。実際、30匹も預けられているワンちゃんが、対談中も静かで驚きました。ワンちゃんが楽しめて飼い主も安心できる仕事を続け、さらに事業を拡大されると期待しています!

1 2


amazonからのご注文
2019年1月号
COMPANYTANK 2019年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、プロレスラーの棚橋 弘至氏がご登場!プロレスの人気が低迷していた2000年代から地道な活動を続けてきた同氏。不屈の魂の持ち主の言葉には、 ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則