インタビュー

建築

TKC 株式会社

10代にして飲食店の運営を任され、その後は個人事業主として独立。ダクト工事業や太陽光発電工事業に参入するなど若くから経営感覚を磨く。2013年より設備メーカーに出向し、グループ会社の立ち上げに参画、社長に就任する。2016年に再度独立し、一般溶接、機械整備、建設業などを手掛けるTKC(株)を立ち上げた。

TKC 株式会社
住所 [田原工場]
〒441-3413
愛知県田原市六連町一本木293
URL http://tkc-g.info/
NJTホールディングス
【事業内容】
・起業支援コンサルティング
若者起業家のためのビジネス相談、サポート
・専門職種転職
・産後復帰サポート
各種専門職への転職、復帰をバックアップ
・イベントプロデュース
イベント&パーティー企画、運営、進行、セッティング

製造や建設、メンテナンスなど、技術力を要する仕事を幅広く請け負うTKC(株)。10代から経営者として活躍し、数多くの人材を束ねられるだけの人脈を築いてきたのが、同社の滝本社長だ。経営における思いや新たな展開について、タレントの矢部みほさんがインタビュー。


10代で歩み始めた経営者の道

矢部 滝本社長はお若くして経営者になられたと伺っています。

滝本 はい。私自身、「経営者になりたい」という思いはそれほどなかったのですが、18歳の時、勤めていた飲食店で代表を任されることになりまして。不安もあったものの、知人の協力も受けながら4年ほど運営しました。

矢部 周囲とは全く景色の違う10代を過ごされたのですね。そこから、TKC(株)さんを立ち上げるに至った経緯というのは?

滝本 飲食店時代に何人もの経営者の方と知り合うことができ、その人間関係を通じて、初めは個人事業主としてダクト工事を手掛けるようになったんです。その後、時代の流れを汲んで太陽光発電工事業にも着手しました。仲間たちを集め、私が仲介の立場になって請けた仕事を紹介していくという今のスタイルの原型は、その頃に出来上がったものですね。それから、ご縁があって出向という形で設備メーカーに入社することになって。そこでは仕事ぶりを認めて頂き、グループ会社の社長に就任。社長職を2年ほど務めた後、2016年に再度独立して、愛知県田原市で当社を設立したのです。

矢部 出向先でも社長職を任されるなんて、社長は生粋の経営者でいらっしゃるのですね。

滝本 ただ、経営者としてひたすら走り続けた結果、気付けば周りに悩みを相談できる人間がおらず、孤独を感じた時期もありました。そうした折に相談相手になってくれたのが、旧友である現在の専務です。彼は一流の腕を持つ職人で、私と置かれている状況は違っても、目指すものは共通していまして。それならば共に起業しようという思いから、この度参画してくれることになりました。私としても、信頼できる仲間を増やすことができた分、手応えを感じていますね。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年10月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒