インタビュー

サービス

杉田 社長ご自身の経験を存分に生かしていらっしゃるのですね。お話を伺っていると、社長のお仕事に対するこだわりや情熱を感じます。

上野 運送の仕事において、お預かりした荷物を無事に届けるのは当たり前のこと。だからこそ、当社でドライバーに貸与する車は全て新車もしくは新古車で統一し、走行中の事故のリスクを最大限減らせるよう工夫しているんです。車のメンテナンスについても、貸出し後は基本的にドライバー自身に手掛けてもらいますが、走行距離などのデータは全て当社に集約し、手入れの時期を指示するなどの管理を徹底しています。万が一、配送中に車が故障するようなことがあっては一大事ですからね。

杉田 配送トラブルが回避できれば顧客としては安心ですし、何よりここまで現場目線で考えてくださると、ドライバーの方々も働きやすいでしょうね。

上野 ありがとうございます。ただ、軽貨物運送業は免許があれば誰でも手掛けられる仕事でもあります。そこで、ドライバーには運転技術以上に、積み地での挨拶や毛布を用いた丁寧な集荷など、サービス精神を大切にしてほしいと伝えています。そうした姿勢をお客様に気に入って頂けたら、かつての私のように独立する際の下支えになると思いますし、当社としても、ドライバーの質でお客様から信頼を得ることができるはずです。ドライバーは一人ひとりが個人事業主ですから、あくまで対等に、win-winの関係が築けるよう、互いに助け合いながら組織を機能させたいと考えています。

杉田 とても誠実なお考えですね。今後、「この会社で働きたい」というドライバーさんも増えてくることと思います。

上野 そう言って頂けると嬉しいですね。当社はベテランドライバー同行で仕事を体験する教育プログラムを用意していますので、未経験の方でもやる気があればぜひお越し頂きたいと思っています。また、人員を拡大させつつ、2018年中には中部地方近辺に2拠点目を構えることが目標です。長距離輸送の際の配車を効率化させて、事業範囲をさらに拡大していきたいですね。そして、今後も車・ドライバー共に自信を持って送り出せるよう努めてまいります。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

運送業界で長く経験を積まれ、そこでの学びをご自身の会社づくりに反映されている上野社長。それによって配送時のトラブルを未然に防ぐことに加え、ドライバーの方々の働きやすさを真に考えられている姿勢にも感銘を受けました。この先もドライバーの方々が満足に働けて、お客様も安心して荷物を預けられるような会社を築いていってくださいね。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則