インタビュー

建築

杉田 従業員の方との交流を大切にされていると。

松倉 そうですね。もちろん、お客様に対するコミュニケーションも重視し、経営に注力する立場となった今でも、お客様の元へ足を運び、不具合がないかなどを伺うようにしています。リフォーム業は、お客様の笑顔を直接見ることができる仕事。若手にも興味を持ってもらえるよう、ホームページなどで情報を発信してアピールしているところです。

杉田 一緒に働く仲間を増やし、ますます拡大されていく勢いを感じます。今後についてはいかがですか?

松倉 会社としては、住宅のリフォームはもちろん店舗の改修など、関東近辺で仕事をする中でさらに知名度を上げていくつもりです。また、独立を考えている従業員は大いにサポートしますし、毎日勉強だと思って働いてもらえたらと思っています。言葉に出してこそ夢がかなうと考えているので、「俺についてきたら必ず幸せにする」と従業員に対してはっきりと伝えているんです。

杉田 それは従業員の方も心強いでしょうね。生活の基盤をつくる建設業を、ぜひ盛り上げていってくださいね。

松倉 はい。会社として成長させた暁には、「建設の職人」が憧れの対象となるような未来に貢献したいですね。他の分野の職人さんと交流する「建設職人甲子園」というイベントなどに参加し、同業者と悩みや解決策を共有しつつ、業界全体を良くしていきます。

会話により結束力を高める
リフォームの若き職人集団

(株)松倉設工では、松倉社長がかつてノウハウを教えた仲間たちが、従業員として現在も共に働いている。社内では、コミュニケーションを積極的に取って情報を共有。そうすることで、チームの結束力が高まるだけでなく、仕事もスムーズに進められるという。同社は従業員が若いながらも、チームが一丸となって着実な仕事を納め、顧客からの支持を集めているのだ。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

従業員の方とも、お客さんともコミュニケーションを大切にされている松倉社長。お話を伺っていると、独立を目指されている方がしっかり勉強できる環境が整っていると感じました。チームワークを生かしたものづくりは、機械にはできないこと。その魅力や職人の素晴らしさを若い世代にも発信して、業界全体を活性化してくださることを応援しています!

1 2 3


amazonからのご注文
2020年5月号
COMPANYTANK 2020年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元マラソン選手の有森裕子さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

駒田 徳広 宮地 真緒 名高達男 矢部 みほ 鶴久 政治 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則