インタビュー

建築

杉田 見違えるような向上心ですね。お父様もきっと喜ばれていると思います。

松倉 そうであれば嬉しいですね。今では建設の仕事に誇りを感じていますし、父を越えることが、一番の恩返しになるのではないかと考えています。

従業員や顧客との会話で成長

杉田 水道工事をきっかけに建設業界に入られ、今では総合リフォームのお仕事を展開していらっしゃいます。

松倉 独立した時は新築の水道工事がメインでしたが、前職で水回りのリフォームを手掛けた際に、お客様から「きれいになった、ありがとう」との言葉を頂いた記憶が忘れられず──そこでまずはトイレやキッチンなどのリフォーム業をスタートし、今では内装やエクステリアのリフォームまで広く承っています。

杉田 お客さんの喜びのために、事業の幅を広げられたのですね。

松倉 はい。中でも水回りの施工は、経験が長い分、緊急事態への対応も含めて自信があります。水道は何より大切なライフラインですから、特にお客様に喜んで頂けて、やりがいも大きいですね。当社の工事は、お客様が在宅の中で施工する場合がほとんど。身だしなみや挨拶を徹底するのはもちろんですが、施工中に気になった点はその都度お客様にヒアリングし、より良い仕上がりを目指しています。

杉田 そうした高い意識を社内で浸透させるためにも、従業員の方と接する際に気を付けていることはありますか?

松倉 とにかくみんなに向き合って会話することですね。当社の従業員は前職で育ててきた若い後輩たちで気心が知れた仲のはずなのに、彼らの入社当時は会社の雰囲気を良いものにできなくて・・・。同業者にも相談したところ、社内の会話が不足していると指摘されました。会社を支えてくれている従業員のことを、私自身が全然見られていなかったのです。そのことを大いに反省し、自ら積極的にコミュニケーションを取ると、みんなが笑顔になりました。仕事の連絡もスムーズになるだけでなく、毎月のミーティングでも反省点が次々と挙がり始め、作業のミスが減って売上も伸びたんです。

1 2 3


amazonからのご注文
2020年5月号
COMPANYTANK 2020年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元マラソン選手の有森裕子さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

駒田 徳広 宮地 真緒 名高達男 矢部 みほ 鶴久 政治 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則