インタビュー

建築

ハングリー精神を満たせる仕事を

三浦 現場と経営の両面でご活躍されてきた社長ならではの方法で、大きな可能性を感じます。ダクトはあらゆる建物に必要なものですし、これからも多様な場面で活躍され続けることと思います。

島田 ありがとうございます。おかげさまで、現在でも溢れるほどたくさんのお仕事を頂いており、お断りしなければならないくらいです。そのため当社では、一緒に働いてくれる仲間を探しています。建設業に対しては、仕事の受注が不安定というイメージを持たれる方も多いかもしれません。ただ、当社の場合は、公共事業の案件を多く頂いているため、仕事としては安定していますし、残業も少ないです。仕事が入らないことはありませんから、やる気があればしっかりと稼げる仕事だと思います。

三浦 一般的なイメージとは違って、働きやすい環境が整っているのですね。どのようなスタッフと一緒に働きたいとお考えですか?

島田 かつて私が「車が欲しい」と思って必死に働いていたように、夢や希望をかなえたいというハングリー精神を持った人が来てくれたら嬉しいですし、応援したいと思っています。学歴や年齢はもちろん問いません。業界が全く初めてという場合でも、現場に先輩が同行し、丁寧に指導しますから、安心して入ってきてほしいです。ダクト工事は、目に見えない空気を、目に見えない場所から支える、“縁の下の力持ち”としての仕事──私たちと一緒に、快適な環境をつくり上げませんか?

GUEST COMMENT

三浦 淳寛

同業者やお客さんとのつながりを大切にして、30年もダクト工事一筋に歩まれてきた島田社長。広い人脈と、着実な仕事を納めるプロ意識をお持ちだからこそ、仕事が溢れるほど集まってくるのでしょう。そこには大きな可能性を感じますし、ハングリー精神のある若手は存分に活躍できるはず。ぜひ、社長と共に働いて、夢をかなえてもらいたいと思います。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則 宮地 真緒 矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治