インタビュー

建築

株式会社 島田工業

社会人の一歩目からダクト工事を手掛ける会社に入り、そこから30年以上、業界一筋に歩み続ける。下積みを経て現場で技術を身に付け、社長のそばで経営ノウハウも学ぶ。2002年、顧客からの要望を受け、35歳にして個人事業主として独立。2014年には、(株)島田工業として法人化を果たす。一級建築板金技能士、二級管工事施工管理技士。

株式会社 島田工業
住所 [本社]〒334-0073 埼玉県川口市赤井520-9
[事務所]〒334-0073 埼玉県川口市赤井2-6-1
URL http://shimada-kogyo.net/

ダクト工事を30年以上手掛ける(株)島田工業の島田社長は、経験・人脈をもって仕事に真摯に取り組み、信頼を勝ち得てきた人物。社長が事業に懸ける想い、そして新たな仲間に求めることとは。元サッカー日本代表の三浦淳寛さんが切り込むインタビュー。


周囲の後押しを受けて独立

三浦 島田社長は、現在も手掛けていらっしゃるダクト工事の業界に入られて、かなり長いと伺っています。

島田 ええ。19歳の時にダクト工事業者に就職したのが社会人の第一歩で、そこからこの道一筋ですので、もう30年以上になりますね。当初はどんな仕事をするのか全く分からないまま、「好きな車を購入するために、とにかく稼ごう!」という気持ちで始めたんです(笑)。トラックの運転や、足場の下から職人さんをサポートするなどといった下積み修業を経て、運良く現場を任される立場になりました。その後、もっと技術を学びたいという思いで、同じ業界で転職したところ、社長に認められて本社に移ったんです。そこで社長のそばに就いて、経営ノウハウを学んできました。

三浦 では、その頃から独立に対する願望をお持ちだったのですか?

島田 いえ。私としては、社長を支えるナンバーツーのような存在でありたいと思っていたんです。しかし、勤め先の会社が倒産することになってしまい・・・。その時、お客様から「こちらにお願いできないなら、どこに頼めば良いんだ」「島田さんは自分でやらないのか?」という声を頂きました。年の近い同業者の二代目社長からも、「お客さんがいるのだからもったいない。手伝うから自分で始めなよ」と背中を押してもらって、個人事業主での独立を決めたのです。

三浦 周囲の期待に応えての独立だったのですね。独立当初からすでにお客様が付いていたとあれば、その後の展開も順調だったのでは?

島田 そうですね。前職では高齢の社長の代理として業界内の会合に出席し、青年部に所属していたこともあり、横のつながりが深かくてとても助けられました。ただ、下請けとして運営していたため、できることが限られていたんです。妻の強い後押しも受けて、2014年に法人化して建設業許可も取得し、仕事の幅を広げてきました。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 名高達男 川﨑麻世 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広