インタビュー

医療・福祉

整体院 北斗

専門学校で解剖学や生理学を学び、理学療法士の国家資格を取得。病院でのリハビリに6年間、訪問看護ステーションにて在宅でのリハビリに16年間携わる。より理想にかなった施術を患者に提供するため、2017年に「整体院 北斗」を開業。

整体院 北斗
住所 〒157-0062
東京都世田谷区南烏山6-7-19 グレイスビル206
URL https://seitaihokuto.com/

名高 小山院長は理学療法士として長いキャリアをお持ちだそうですね。

小山 はい。病院に6年、訪問看護ステーションに16年勤め、リハビリを手掛けてきました。その中で、医療・介護保険の適用範囲内では、できることに限界があると感じ、より多くの方に理想の施術を行うため、2017年に自費治療の整体院を開いたんです。

名高 実際は、どのような施術を手掛けていらっしゃるのですか?

小山 肩や膝の痛みも診ますが腰痛に特化しており、初診でしっかりカウンセリングを行い、痛みの原因を明らかにします。理学療法士として解剖学や生理学、運動学の観点から、患者様一人ひとりに適切な施術をオーダーメイドできるんです。主に「筋膜」にアプローチするソフトな施術を行い、根本からの改善を目指します。患部を強く揉みほぐしたり、電気を流したりという施術は行いません。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒