• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 『遺品整理のはんしん』 株式会社 絆心 代表取締役社長 石岡 元

インタビュー

サービス

『遺品整理のはんしん』

北海道札幌市出身。建築業やサービス業を経験した後に、廃棄物処理機器を製造する父の会社で、10年以上勤務し、専務まで務める。新たな事業を模索する中で遺品整理業に出会い、2015年3月に(株)絆心を設立。

『遺品整理のはんしん』
株式会社 絆心
住所 〒064-0806
北海道札幌市中央区南6条西7丁目2-3
URL http://hanshin-sapporo.co.jp/

矢部 まず、石岡社長が独立されるまでの経緯をお聞かせください。

石岡 建築業やサービス業で働いた後、父の会社で専務を務めました。廃棄物処理機の製造・販売・設置が主な業務で、特許を取得した製品もあります。その中で、東北地方で営業活動をしていた頃に、東日本大震災が起きました。当時は連絡が取れないお客様も多く、混乱のさなかに遺品整理の仕事に出会い、当社を立ち上げることにしました。

矢部 遺品整理というと、なかなか馴染みのない方も多いと思いますが、実際はどのようなお仕事なのでしょう。

石岡 遺品整理は、大切な遺品をご遺族の方へお届けする重要な仕事です。信頼して頂くためにも、しっかりと勉強した上で、「遺品整理士」の資格を取得しました。服のポケットや布団の隙間などの細部に至るまで調べて一つひとつ確認・選別し、必要な物と不要な物に分けて梱包していきます。可能なものはリサイクルして、ご遺族の方が負担する金額が少なくなるようにしていますね。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 名高達男 川﨑麻世 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広