インタビュー

卸・販売

株式会社 エムリット

大学卒業後は商社に就職し、愛知県や関西地方、インドネシアなどに赴任。退職して名古屋市で製造系の会社を興し、畳んだ後に大手自動車メーカーの系列企業で自動車開発に携わる。2012年に自動車用エアコンフィルターの製造・開発をスタートし、2013年3月から販売開始。2017年5月、MBOにて(株)エムリットの代表取締役に就任。

株式会社 エムリット
住所 〒460-0007
愛知県名古屋市中区新栄1-31-7 Fビル新栄 1-2F
URL http://www.mlitfilter.com/

自動車用エアコンフィルターの開発・販売を手掛ける(株)エムリット。これは普段目にしない製品ながら、車内の空気をきれいにするために大きな役割を果たす。同社の友田社長が抱く、事業への熱意や今後のビジョンについて、タレントの水野裕子さんが伺った。


徹底した分析による製品開発

水野 まず、友田社長がこの自動車のエアコンフィルターの開発・販売事業に着目されたきっかけを教えてください。

友田 私は自動車に関する研究開発の仕事をしていましたし、個人的にも車が好きで、自分でフィルターを交換していました。ある時、ネットで注文したところ、外袋も梱包も雑な商品が届いて・・・。そこでふと、「これを自分でつくれないだろうか」と思い立ったんです。調べてみると、近年は同じメーカーの車のパーツは共通していて、1つのフィルターで数十車種に対応できると分かりました。

水野 そこで、思い切って事業をスタートさせたのですか?

友田 ただ、ビジネスモデルを描けてもお金はありません。会社オーナーの知人に支援して頂くことができて、2012年から開発に着手しました。研究所や素材メーカーの友人に協力してもらいながら、試行錯誤の中で半年後に製品化に成功、販売を開始したという流れです。私は日本一のフィルターマニアと言えるのではないかというくらい(笑)、今でも国内外のフィルターを集めて、地域による汚れの成分の違いや、「当社の製品の良いところ・負けている部分は何か」を分析し、より良い製品をつくり出すことに努めていますよ。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年4月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 矢部 みほ 名高達男 杉田 かおる 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広