インタビュー

医療・福祉

矢部 なるほど。周りの方々を救う思いで始められたのですね。

中西 はい。ですから当社の職員は、前職で一緒に働いていたメンバーが多く、たまたま私が代表になっただけだと思っています。中には、私よりキャリアの長い職員もいますよ。そういったこともあり、より良い職場にするためにも、上下関係は取り払い、全員が言いたいことを言える環境づくりをしているんです。

矢部 では、利用者様と接する際に、心掛けていることはありますか?

中西 相手を理解するために積極的にコミュニケーションを図るだけでなく、「してはいけないことは伝える」という点も意識しています。そして叱った分、できたときはしっかりと褒める。そのメリハリが大切です。また、叱るには信頼関係が築けていることが必須ですから、こちらから心を開くことで、利用者様にも心を開いて頂けるよう努めていますね。もちろん、指導した理由や内容についてはご家族にお伝えし、連携を取っています。

矢部 真摯に向き合ってくださるのですね。今後についてはいかがでしょう。

中西 体が続く限り現場に立ち続けたいですが、並行して現場の経験を外に発信していきたいと考えています。今は、ホームページに遊び心の溢れるイラストを取り入れたり、福祉現場の話を喜劇にする構想も練っているところです(笑)。そうして福祉業界を一般に親しみやすいイメージにしていくことで、私がそうだったように、異業種からの転身を考えている方の後押しができればと思います。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

相手を理解したいという気持ちがとても強い中西さん。利用する側としても本当に安心できるでしょう。また、多岐にわたる経験を積んでこられた中西さんならではの、ユニークな発想力を武器に、介護業界に新しい風を吹き込んでくださることを期待しています!

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ